つれづれなるままに

 

なんとなく感じたことを、なんとなく書き綴っていきます。管理人の人間性が見えてくるかもしれませんねぇ。

 

一人称

 友達や後輩なんかとの会話の中では『俺』です。先輩相手のときは『僕』、上司や目上の人、又はよく知らない人の場合は『私』になります。普段はなんとも無いのですが、気にし始めるとなんだか奇妙ですな。
 『俺・僕・私』厳密な意味の違いや礼儀は知りませんが、友達相手に『僕』では妙に弱弱しいし、先輩相手に『俺』は生意気のような気がします。こういう風に考えるのは僕だけでしょうか?

 さて、会話ではなくメールやHPの文章では、以前は『私』だったのですが、今は『僕』が圧倒的に多くなっています。『俺』は滅多に使いませんね。これは、『僕』という漢字が妙に好きだからです。反対に『俺』はイマイチ好きではないです。これは好みの問題なので仕方ありませんね。
 ところで、『私』は文章中では『ワタシ』と書くことが最近は多いです。『私』だと、かしこまっている様な感じがするので、カタカナで書いて少し“くだけた風”にしたいからです。しかしこれが『ボク』になると子供っぽく感じます。同じ言葉なのに表記が違うだけで印象が大きく変わるのは興味深いですな。日本語ッテ難シイデス!!(←こう書くと外人っぽいでしょ?)
 

2003/3/25

銅色円盤の呪縛

 僕が買い物をする時、普通のことだとは思いますが、基本的に財布の中の小銭が減るような払い方をします。とはいえ、財布の中をぱっと見て、すぐに取り出せる時くらいで、「あと1円!」などと一生懸命探したりはしませんが。
 100円玉と50円玉は、同じ色で横がギザギザなので区別がつきにくく、確認するのが面倒なので「○×80円」などの時も100円玉で払ってしまうことが多いです。するといつの間にか50円玉が何枚も残ったりして、何だか寂しい気がすることも。だから50円玉って嫌いなんです。

 さて、僕には変な癖が有って、それはどんな時にも必ず10円玉を財布に残すというものです。例え、キッチリその金額で払える時も、それで10円玉が無くなってしまう時は、お釣りを貰うことになっても10円玉を残すようにしてしまいます。我ながら難儀な癖です。
この癖、というか習慣の理由は、『いざという時に電話をかけられるように』というものです。子供の頃に、自分でそういう風に考え付いてしまって、ずっと続けています。まあ、今は携帯も持ってるし、ほとんど10円玉は必要無いですけど、持ってないと何だか不安になってしまうのです。
 なお、この習慣が役に立った時はほとんど無く、それどころかこの夏の『いざという時』は財布ごと無くしてしまったので、何の意味も無かったです。でも、まだまだ『10円玉の呪縛』は続いているのです。でも、『いざという時』は来なくていいです。もう。

2002/12/1

 

何を守る?

先日、このような記事を読んだ。

『滋賀県の琵琶湖のレジャー利用適正化条例が定める外来魚の再放流(リリース)禁止に対し、タレントのSさんら釣り愛好家2人が、滋賀県を相手に、バスの再放流禁止義務の不存在確認などを求める訴訟を大津地裁に起こした。Sさんは「リリースは生き物を相手にする時のマナー。条例は再考してほしい」と話した。これまで地元の貸し船業者や釣り愛好者団体が「釣り文化の否定」と反発し、反対活動を行っていた。』

で、釣りをやらない僕の意見

外来種が在来種の生存を脅かし、生態系のバランスを崩すということは、全く良いことではないと思う。少なくとも、故意に行うべきことではないはず。琵琶湖その他の湖等は、釣人だけのものではないのだから。
また、そもそも「キャッチ・アンド・リリース」はマナーなどではなく、ただ単に魚を傷付けるだけの不必要な行為であり、『魚との勝負』等の考えは、そのような釣り人の利己的な考えだと思う。魚の方は、そんなことを望んでいる訳はないのだし。
僕は、釣りそのものを否定はしない。ただ、釣りというものは本質的には魚を殺す行為なのだから、釣った魚は責任を持って処理(食べる、とか)するのが本当の意味での『マナー』なのではないだろうか?

珍しく、社会派のネタでした。僕も水辺は好きなので、大切にしていきたいものです。しかし、釣りをやらない僕の意見には、説得力ってものが無いなぁ。

2002/10/19

 

速いは美しい。

 今年も『F1』が開幕して早1ヶ月、ぼちぼち各チームの様子が分かってきて・・・って、いきなり書き出しましたが、実は僕は割とキャリアの長いF1をはじめとしたレースファンなのです。はっきりとF1を見始めたのは中嶋悟氏がデビューした87年ですが、それよりもずっと昔からF1の存在は知っていました。物心ついた頃には、フェラーリ、ロータス、タイレル(!)、ブラバム等のチーム名やラウダ、アンドレッティ、ピーターソンなどのドライバーも知ってました。70年代に富士スピードウェイで開催されたレースも、微かに記憶しています(って歳がバレる)。
 ところで、何故そんな年端もいかない子供の頃からF1を「それ」と認識していたかですが、やはり5歳上の兄の影響が大きいのでしょう。兄は車好きで、あの『スーパーカー・ブーム』にどっぷりハマった世代でもあることから、F1等のレーシングカーへの興味も自然と湧き、そんな兄に僕も強く影響されたのでした。嗚呼、カウンタック、デドマソ、ディーノ・・・。
 子供の頃の興味は主に『カッコよさ』であり、それは今も基本的に変わらないのですが、今のメインはやはり『メカニズム』ですかね。アクティブサスやフルオートマなどの電子デバイス満載の90年代前半はもちろん面白かったのですが、それらが禁止された90年代中盤以降の、各チームの技術陣が重箱の隅をつついて送り出してくる様な、新しい車の形状やシステムも興味深く見ています。一応これでも技術者のはしくれなので。
 さて、今年のF1ですが、僕の注目は、フェラーリがどこまで速くなるのか、ミナルディ・アロウズ・ジャガーの最下位争い、トヨタのレベルはどのくらいなのか、ルノーの成長は本物か、などです。あ、あと佐藤琢磨も一応。今年はあまり強く応援するドライバーが居ないです。ちょっと前ならハーバート、ベルガー、モレノ、ヨハンソン・・・だんだんマニアックになって止まらなくなりそうなので、今回はこの辺で。

2002/4/21

 

やっぱり洗うでしょ?

 去年の7月に社員寮からアパートに引っ越してから、ほぼ毎日自炊しています。しかし、なかなか上達しませんなぁ。
 さて、やっぱり主食は「ご飯」なんですが、ここのところずっと「無洗米」を使っています。別に『研ぎ汁による水質汚染』とかを気にしたわけではなく、単なる『手抜き』なんですけどね。やはり「米研ぎ」は難しいので…。
 無洗米というのは、米の旨みを損なわないように米ヌカを取り除いたもの、ということのようなのですが、僕が思うにやっぱり炊く前には、軽く洗ったほうがいいのではないかな、と。普通の米は、研いでから炊くことを前提にして店頭に並んでいるので、売っている時の米の袋とかを見ると衛生面での取り扱いはそれほど慎重ではないのではないのかな〜と、見えなくも無いので。家庭での保存も、洗わないで使う米を普通の米びつに入れるのもどんなものかと。というわけで、僕は『無洗米』ではなく、『無研米』であると解釈して、研がないまでもすすぎ洗いしてから炊いてますね。間違ってるかな?

2002/2/10

青い!!

 えー、青です。HP開設後初のイメチェンです。と言ってもその他は何も変わってませんが…。
 年も変わったことだし(関係ない)、ぱーっと景気よくいこうか(?)などとふと思いついた次第でして。とはいえ、僕がHP作成に使っているのは「FrontPageExpress」というIE5くらいに付いてきたフリーのソフトで、あんまり手の込んだことが出来ないようなやつだし、HTML記述は早々にサジを投げていたので、まあ、簡単に出来る背景色変更なんかでお茶を濁しておこうかと。でも、Topページではクリティカルマップ(ハイパーリンク埋込画像)に挑戦してみました。何とか上手くいったみたいです。かなり時間かかっちゃいましたが…。まあ、ぼつぼつ今年もやっていくので、よろしくお願いいたします・・・あ、このページは青くないや・・・まあいいか。

2002/1/14

 損と得 

 先日、ふと『損得』について考えてみました。何かを必然以上に失うのが『損』、その逆が『得』というのはまず世間一般の認識としては間違っていないと思います。では、「必然以上に得る可能性があったが、それを得ることが出来なかった」、もしくは「必然以上に失う可能性があったが、失わずに済んだ」という場合は損得どちらなのでしょう?
 なんとなくですが、保険やギャンブルが好きな人は、前者を『損』と考えるのではないですかね?僕は後者を『得』、前者を『損でも得でもない』と思います。だから保険にもあんまり関心はないし、ギャンブルもやらないです。ま、貰えるものは喜んで貰いますがね。

 だから、僕のところに勧誘にきても無駄ですよ、保険屋や証券会社の人。

2001/3/3

 メガネの弐 

 先日メガネを新調しました。で、今回は僕のメガネのフレームに関するこだわり、みたいなものを。

  ●メタルフレームで、レンズ全周にフレームが有る
  ●レンズは小さめで、上下対称に近い形
  ●左右のレンズが近すぎない
  ●鼻当ては別体構造になっているもの
  ●ツルがいい感じに湾曲して、顔に当たらない
  ●色は光が反射しないようなもの
  ●レンズの厚さが目立たなければ、なおよし

 そんな感じですかね。結構無いんですよ、こんなのが。特に『上下対称』。気に入ったのが無くて、10件くらい回ったことも以前はありました。今回は1件目によさげなのがあったので、すぐに決めちゃいましたが。ところで僕は、かなりの近眼なので、毎回レンズはかなり高価になります。今回のメガネの総額は・・・・・半月分の給料が飛んでしまいました・・・。みなさん、目は大切に〜。

2001/1/25

  K  

 新世紀を迎え、今年も残すところあと364日に・・・と、これは去年もやったお約束。皆さんにとって今年一年が良い年でありますように。ついでに僕にも。
 さて、今回は新年とは全く関係ない話題で、最近お気に入りの音楽について。『BUNP OF CHICKEN』というバンドなんですが、本当に『詩』という雰囲気の歌詞を、骨太な感じで歌っています。特にお気に入りは『K』という曲で、黒い野良猫が売れない画家に拾われて友人になり、その画家が亡くなるときに書いた手紙を持って画家の故郷の恋人の元に、命がけで走る、という内容の作品です。これまで聴いたことのないような不思議な曲でした。また、この『K』というタイトルにも意味があって、曲の最後に分かるのですが、これに関しては実際に自身で確かめた方が良いでしょう。できれば歌詞を見ないで聴いたほうが感動が大きいと思います。是非、御一聴あれ。
 僕がこのバンドを知ったのは、運転中にFM群馬で『K』が流れたのを聴いたのがきっかけでした。一発で気に入ったのですが、バンド名が「・・・チキン」としか聞き取れなかったので、CDを探すにもネットで検索をかけたりして結構大変でしたね。その甲斐有って、何とかCDを買うことが出来『K』以外の曲も素晴らしいことを知ることが出来たのでした。ロックが嫌いでなければ是非是非聴いてみてください。ただし、あまりCDは出回っていないかも・・・僕は邦楽インディーズのコーナーで見つけました。

2001/1/2

時計

 僕、腕時計をしないんです。時計はもっぱら懐中時計を使っています。懐中時計にキーホルダーのフックをつけて、普段はベルトループに引っ掛けてます。
 腕時計をすると、どうも手首がムズムズするんですよ(コドモか?)。昔、手首を怪我したことがあって、それ以来な気がするんですが・・・多分気のせいでしょう。あんまり深い意味はないんでしょうねぇ。長年の習慣ってのが一番の理由だと思います。
 ところで懐中時計なんですが、僕、しょっちゅうなくしたり壊したりするんですよ。壊すのは、うっかり洗濯しちゃったり、安物しか使わないせいかガラスが割れたり針が取れたりして。なくすのは、たまにポケットなんかに入れとくといつの間にか落としたかなんかしたりで。毎年2〜3個は買ってる気がするなぁ。で、まさに今、なくしちゃって難儀している最中です。また買わねば・・・。

2000/12/8

一身上の・・・

 いやあ、人生何がおきるかわかりませんね。いささか面倒なことになり、その他にも色々と忙しいことが重なってしまい、しばらくの間HPをお休みしていました。ま、何があったかは、言わぬが花ということで(?)。色恋沙汰でないのがちと寂しい(??)。
 ま、再び気ままにやっていくので、おきらくに見てやっていってくださいな。

2000/11/27

さまよえるみちヲ

 僕は不治の病を患っています。見た目には分からないんですけど、実は結構な重症です。その病とは・・・『方向音痴』・・・あぁ、怒らないで・・・。
 昔から迷子になる事が多く、初めての土地はもちろん、育った地元でもしょっちゅう道を間違えます。自転車や車の旅行では、道を間違えた為に目的地が変わったり、余計に走った距離が全行程の何割かを占めることになります。また、建物の中にいると、建物の外のものの位置関係(例えば隣の建物や、道路の方向)が全く分からなくなっちゃいます。トホホ。
 しかし、僕の方向音痴が重症たる所以は、『迷子になるのが割と好き』なところです。「まあ、こっちの方だろう」という根拠のない判断をしては道を間違え、間違えた後も「じゃあこっちに行けばなんとかなるかな?」と言っては更に間違い、しまいには「いやあ、困ったなあ。こっちに行くとどこに出るんだろ?(ワクワク)。」といった具合。その状況をちょっと楽しんでしまいます。困ったものです。
 そんなんでも、神奈川に居た頃は何とかなりました。どうやら僕は、大雑把な方角を『海の方・山の方』で掴んでいたようです。そのため『最悪、海に出れば帰れる』という拠り所があったからで、実際、そのテを使って無事帰宅したことは1度や2度ではありませんでした。しかし、群馬に越して来てしまった今では、その最終手段が使えなくなってしまいました・・・・今の僕には地図が生活必需品です。でも、伊勢崎に行こうとして高崎に着いちゃったときはびっくりしたなぁ(それも着くまで全く気が付かなかった)。
 こうなると、一種の特技かもしれない。何か世の中の為に役立てられないだろうか?などと思わないでもない今日此の頃です。(間違える道が、『人生』のものでなければよいが・・・)

2000/8/26 

  

苦い珈琲

  こんな風に取り上げると、僕がコーヒーに造詣が深いかのように見えるかもしれませんが、そのようなことはないです。銘柄や原産国、メーカーなどは気にしたこともないです。違いもほとんど分からないし。第一、普段飲んでるのはインスタントですし。ただ、僕なりのこだわりは、@砂糖は入れずAミルクを多めにBコーヒーは『かなり』濃く、というものです。具体的には通常の2〜3倍(目分量)の濃さのコーヒーにポーションミルクを2個といった感じの分量ですね。これをいつもは1杯くらいしか飲まないのですが、何かを徹夜でやらなければならないときには何杯も飲んでしまいます。カフェインを大量摂取して眠気をさましているわけですね。ドーピング検査をしたら引っかかるくらいに。おかげで次の日は胃腸の調子が悪いです。身を削ってるなぁ・・・。僕は好きでやってますが、この飲み方は他の人にはオススメしません。
 なぜこんな飲み方をするようになったかは覚えていませんが、もう15年くらいこんな感じです。変わり者は子供の頃から、ということですかね?
(ところで『珈琲』って、読めても書けない漢字だなぁ・・・。)

2000/8/13

 

みちヲ倒レル

 まあ、今は何とか大丈夫なんですけどね。実は7月の半ばから風邪をこじらせて気管支炎になり、更に気管支炎をこじらせてえらいこっちゃになってました。咳が止まらなくて一睡も出来ない日が何日も続き、ついに会社を休むことに。病院に行くにしても引っ越してきたばかりの群馬では心当たりも無く、とりあえず近場の適当なところに飛び込んで診て貰いました。クスリを貰って飲んだのですが何故かほとんど効果が無く、再び病院に行って『強い』やつを貰って飲んだのですがまた効かず、みたび行って『こないだのとは違う』薬を貰って、ようやく何とか夜眠れるようになりました。1週間で3回も病院に行ったものだから、先生もさすがにヤバイかもと思ったらしく、3回目にはレントゲンと血液検査をされました。一応、肺炎にはなってなかったと言うことで安心しました。今もまだ咳が少し出ますが、まあなんとか大丈夫です。

 しっかし、あの咳がひどかった1週間は、本当に辛かった。全身でするようなひどい咳で喉だけでなく、腹筋や首まで痛くなってきましたし、咳をするたびに体力が失われていくのを感じてました。ひょっとして本当にヤバかったのかも・・・・。みなさんも健康には十分気をつけましょう。

 ところで、私が会社を休んだのは一日だけ。仕事が遅れ気味だったので・・・。サラリーマンの辛いところを少しだけ実感しましたね。寮に一人居ても心細いだけだし。

2000/8/2

 メンテナンスその後

 下でメンテを始めると書いて早くも3週間が経ってしまいました。で、現状ですが、分解はしたものの組み立てが遅々として進んでいません。けっこう忙しいというのもありますが、部品が中々手に入らないのが主な理由です。群馬で何件かのショップを回りましたが、どうも今ひとつ・・・・。リア7速のディレイラーってもう中々無いんですよね。とはいえ8速にするにはハブやシフトレバーも交換しないといけないし・・・。今使ってるシフトレバーは安物とはいえ気に入ってるんで、交換したくないんですよねぇ。困った。

 こんなだから今は取り合えず、これまで付けてたパーツを手入れしなおして再び付けている状態です。ディレイラー以外にもBBやチェーンリングも交換したいしなぁ・・・。と言う訳で、今回のメンテはちょっと不完全燃焼に終っちゃいそうですね。今度東京にでも買出しに行こうかなぁ。

2000/7/8

 メンテナンス 

 群馬での生活も大分落ち着いてきたので、そろそろ自転車の手入れを始めようと思っています。回転部分のグリースアップ、ワイヤー類とタイヤの交換といった、スタンダードなメンテが主なものになると思います。ただ、現在はハンドルがロングツーリング用にかなりハイポジションとなっているので、今回はステムを交換してやや低くしようと思っています。
 ちなみに僕の自転車は、サス無し・カンチブレーキ・トゥークリップペダルで、シフトレバーは親指と人差し指で操作するタイプ、という少々クラッシックな装備になっています。一応、僕なりの考えがあっての事ですが、次第にパーツ(ハイグレードなカンチブレーキは特に)が手に入りにくくなってきているのが悩みのタネです。うーん・・・。ただ、Fサスに関しては、キャノンデールなんかが使っているフォーク基部にシングルショックが入っているタイプの物が安価であれば、使ってみたいな、とは思っています。
 さてメンテなんですが、梅雨が明けるまでには組み立て・慣熟走行を済ませて、夏には群馬を走り回る予定でいます。といったことをここに表明して、途中でやめちゃわないように自分にプレッシャーかけてるんですけどね。さてどうなることやら。

 久々に自転車の話題でした。シロウトさんには分からない内容だろうなぁ・・・・・。

 それよりも、ここの更新が1ヵ月半ぶりなのもマズイ気が・・・。

2000/6/18

 読書の春 

 さて、就職して1ヶ月が過ぎ、世はなべてゴールデンウィークです。新入社員の私は研修に追われる毎日で、連休の予定などは全く立てていませんです。どうせどこに行っても混んでるだろうし、今自転車が手元に無いこともあって、出かけるつもりは無いです。
 んで、出かける代わりにここしばらくしていなかった読書などをすることに。本屋に行くと、今度ロビン・ウィリアムズ主演で映画公開される「アンドリュー・NDR114」の原作本(アシモフ&シルヴァーバーグ・著)を見つけました。実はこの本は、アシモフがかつて書いた中編「バイセンテニアル・マン」を、シルヴァーバーグが長編に書き直したものです。私は以前に中編の方を読んでいて、とても気に入っていたのでこれに決めました。
 で、早速読み出してみると・・・うーん・・・どうも何かちがう、というか、少し別のものになっているというか・・・。僕はアシモフのファンで、文庫になったものはほとんど読んでいる位なんですが、アシモフの作品の好きなところの一つは、その飾り気の無い文章なんですよね。で、今回の「アンドリュー・・」は、内容的には「バイセンテニアル・マン」と全く同じなんですけど、僕的には少し装飾過多、または感情の入れ過ぎといった感じがしました。少し娯楽色が強いかな?それが悪いわけではないんですけどね。十分面白いんですが、ちょっと僕の好みからは外れていました。
 などと評論家ぶったことをついつい書いてしまいました。僕の評価は大外れかもしれないので、興味を持たれた方はぜひ読み比べてみてください。

 さあ、次は何読もうかな?

2000/5/3

モバイル

 最近ノートパソコンとPHSでモバイルを始めました。 就職に伴う研修で数ヶ月間ホテル等での生活となるのですが、今では私はWebから離れては生きていけない体になってしまっている(笑) ので、その間のWebの手段を確保しようと思い立ったのです。ノートはVaio505、PHSはDDIのエッジです。 ちょっとミーハー路線でしょうか?ま、価格やスペックを一応は比較検討して決めたんですけどね。
 しかし今更ながらですがパソコンの進化はすごいですね。 僕は5年前にデスクトップを買って、クロックアップ、メモリやHDの増設などをして今でも使っているんですけど、 今度のVaioは手を加えたデスクトップよりもスペックが上なんですよ。しかも安いしずっと小さい。 これからどうなっていくのでしょう?
 ところで道具をそろえてから僕が感じたのは、PHSの選択の基準に『充電器』のサイズも考慮したほうが良いということ。 僕の買った京セラのPHSの充電器は、携帯電話のものよりずっと大型なものでした。 長期のモバイル活動のためには充電器を持ち歩くことになることでしょうから、この辺にも気を使うべきでしたかね?。
 さて、あまり考えないようにしているんですけど(?)、恐いのが通信費の支払い。いくらPHSの通信費が安いと言っても 普通電話と比べるとずっと高いですからね。就職したばかりでモバイル貧乏へまっしぐら?

2000/4/2

顔の一部

 こないだメガネを新調しました。1週間程経って、ようやくなじんできました。僕がメガネを使い始めたのは確か7歳のころからで、かれこれ20年の付き合いになります。もう完全に、メガネをかけているのが当たり前の状態です。目を覚ましたらとりあえず手探りでメガネを探しますね。今ではメガネなしの自分の顔を想像するのも難しいですよ。
 そんな感じですから、メガネに関する不自由はほとんど無いんですが・・・ちょっと困るのがヒゲを剃るときなんです。僕はかなりの近眼なので、メガネを外すと鏡に映った自分の顔すらよく見えない状態なんですよ。でも、ヒゲ剃り(T字のやつで)をするときにメガネをかけていると、メガネが邪魔で頬骨のあたりが剃れないんです。ですからヒゲ剃りはいつも手探りで・・・後で見直すと剃り残しが有ったりして・・・。でもきっと、僕はこれからもメガネを愛用し続けるでしょう。だって、コンタクトだと着けたまま寝ちゃいそうなんだもん。

2000/3/12

 春の心配事 

 毎年この時期になると、不安に苛まれることがあります。それは世に言う『花粉症』の恐怖。幸い今のところ花粉症にはなってはいないです。しかしどうもここ何年か、決まってこの時期に風邪をひくんですよ。そんなだから毎年、「まさかついに来ちゃったか?」と、恐れおののくのです。今年もしっかり風邪をひき、しかも今年は鼻風邪でくしゃみが良く出るんですよ。まったくまいっちゃいますね、風邪には。いや、風邪だって・・・風邪だといいなぁ、今年も・・・。

2000/2/21

じゆうなじかん

 長かった修士論文との戦いが、ようやく終わった。結果は両者リングアウト引き分け再戦・・・うわ、シャレならんなぁ、こんなんじゃ・・・てなこともなく、何とか可も不可もない程度にはできたと思います。ウイットに富んだ流れるようなトークで、時折ジョークを交えた(実際は緊張しまくりのアップアップ状態で)発表も終え、こわーい教授達の質問攻めにも理路整然とした明確で自信に満ちた(発表以上にアップアップな)態度で応じ、ついに僕の大学院修士課程での研究が終了したのでした。戦いを終え、発表会場を出てふと空を見上げると、「空ってこんなに青かったんだ・・」などとマジで感じてしまいました。

 さて、修論を終えた今の僕は、学校でのいくつかの事務的な用事がある以外は就職先の会社から連絡があるまで特別しなくてはならないことも無く、1ヵ月半の野放し状態。さてなにしよう?自転車のOHとか、HPのリニューアルとか、買い物、読書、お出かけなど幾つかはあるのだけど、取りあえずは何もしなさそう。時間があると、かえって何もできないと言うか、何からやっていいのか分からない感じです。などと言っている間に入社式になってしまうんだろうなぁ、このままじゃ。そんなんじゃいかん!ということで、まずはバイト生活!

2000/2/16

 調理士も包丁の誤り 

 唐突ですが、僕は調理士です。ちゃんと試験を受けて合格して免許を取ったので、モグリや自称ではありません。そんな僕が言うのもなんですが、料理って難しいっス。僕は、テレビや本なんかで自分でも作れそうな料理を見ると、無性に作ってみたくなるんです。んで、実際に作ってみると・・・不思議なことに、何故かうまく作れたためしがないです。おもわずJAROに通報してしまいそうに、にはなりませんけどね。こないだも、「カニのトマトソーススパゲティ(名称はテキトウ)」を『お料理BAN!BAN!』でみて、早速作ってみたんですけど・・・・ま、自分で責任を取って食べる料理は、僕の趣味みたいなものですから・・・ははは・・・あ〜あ、ハァ。ミソのないワタリガニを買ってきちゃったのが、このときの失敗の元なんですけどね。うー、井森美幸には負けたくないぞ!まあ、調理士って言ってもこんなもんです、とか言ったら本業の人に怒られるだろうな、きっと。

2000/2/4

 Y2Kのおもひで 

 1999年が終わって早1ヶ月、今年も残すところ11ヶ月となりました(古典的ネタ)。我が家でも一応、2000年問題対策として、食料や水、燃料などを買い置きなんて事をしていました。レトルト、缶詰、カップ麺などが小山のような状態でした。そのほかには母親が、貯水用にとポリタンクをどこからか持ってきたんですけど、そのポリタンクには何故か見覚えがありました。何だっけかなぁ・・・・・は!!こ、これは・・・神戸淡路大震災の後に起きた「防災ブーム」のときに、念のためと思って私が自分で買ったシロモノだ〜。買ってそれきり放っておいたので、すっかり忘れていたのでした。5年ぶりに私の目の前に現れたポリタンク君は、1999年大晦日に、初めてその本来の役割を果たしたのでした。めでたしめでたし、備えあれば憂いなしってね???

 その筋の方々の努力のおかげで、何事も無く年が明けた後の数日は、備蓄食料の在庫処分に邁進したことは言うまでもないです。しかしどうもポリタンクといい、食料といい、マスコミに翻弄されやすいような気がするなぁ。いいのか悪いのか分からないけども。

2000/1/29

 酒 

 僕、酒飲めないんですよ。と言っても、別に未成年てな訳じゃないですよ。も〜のすご〜く弱いんです。自分より弱い人は見たことないです。ビールでもコップ半分で顔真っ赤ですから。付き合いで中ジョッキとか頼んでも、全部飲み干したことないですね。仲間内でも僕が酒飲めないのは有名で、「エコノミーな奴」とか言われたりしてますね。

 ところで、酒に弱いと言っても別に嫌いというのとは違います。日本酒とかは好きなんですよ。だから僕の場合飲み屋では、日本酒を徳利で注文して、そいつをちびちびと何時間もやっておしまい、って感じです。ウイスキーとかも結構好きなんで、家で飲むときはストレートでショットグラス1杯飲んで、そのまま寝てしまいます。ビールならエビスですかね。ワインは全く飲めないです。どうしても料理酒を思い出してしまうんですよね。安物しか飲んだことないからですかね?

2000/1/23

 マンガ 

前回ちょろっと好きなマンガに触れたので、今回もマンガネタで。好きな作品を紹介。

「いいひと。」 平成版「無責任社員物語」と言えなくもないが、もっとハートフルでほのぼの。
「マスター・キートン」 主人公が特殊な知識と技術と経歴を持つ、典型的な巻き込まれ型キャラなちょっとさえないおっさんなところがいいですね。
「ヨコハマ買い出し紀行」 癒し系と表現できるのかな?のんびりとした雰囲気が好き。
「トライガン」 アメコミチックなアクション系でありながらギャグもかます珍しい作品。作者の趣味丸出しなあとがきとカバー下のヒミツ表紙もグ〜。
「あたしンち」 面白すぎる家族の日常を描く。読売新聞日曜版に掲載。
「[有]椎名百貨店」 バリエーション豊富な短編集。4コマ「Dr.椎名の教育的指導」は秀逸。カバーを外すとそこには・・・。

偏っているような、幅が広いような、我ながら良くわからない趣味だな・・・。是非御一読あれ。

2000/1/23

 困惑の一言 

 よくやるんですよ、これ。意味の良く分からない(でも、すごく深いところで意味は通っている)一言を唐突にボソっとつぶやいて周りの人を困惑させるんです。その反応を見て自分が楽しむ、というハタ迷惑なことをするのが好きですね。こんなことをやるようになったきっかけと言うか、原点みたいなのは「究極超人あ〜る」というマンガなんです。このマンガは、そのような雰囲気に満ちていて大好きです。ぜひ御一読してみてください。

2000/1/10

読書

 読書は昔から好きです。電車で通学(片道1時間半ほど)していたころは文庫本を読み漁っていました。結構SFが好きで、早川文庫のアシモフはほとんど読みましたね。アシモフがほとんど終わると今度はハインラインやヴォネガットなどを読んでました。どうも古めの作品が好みだったようです。日本人の作家では田中芳樹なんかを読んでました。これは「銀英伝」を読んでた人が近くにいたもので。私の本の選び方は、ほとんど表紙のデザインがきっかけになりますね。あと、帯のキャッチコピーが気に入ると手にしてました。けっこう出版社の思惑に乗っかってるのかも?

 ただ、車で通学し始めてからは、本を読める時間が激減してしまったことであまり本を読まなくなりました。しかし「読書したいぞ!」てな欲求と、面白そうな本がある、といった需要と供給のバランスが取れたときには他の事を後回しにして読書をしたりすることもあります。お茶を用意して座椅子でゆったりと寛ぎながら。ところで、私は読書は娯楽だと思っているので、小難しい本はあまり好きではないかな??

2000/1/7

無駄と無意味

 私は、「無駄」は嫌いで「無意味」は好きなんですよ。ほとんど同じみたいなものですけど、私の中では「無駄」はやると損するもの、「無意味」はやってもやらなくても同じもの、という風な区別があるんです。はっきり言ってどちらもやらなくていいことなんですけども、考えられた無意味っていうのは一種の「ゆとり」のようなもののように感じるんです。バイトなんかで忙しく働いているときに、ふと無意味な冗談をのたまう、などというのが好きなんですよね。

2000/1/7

ウルヴァリン

 「ウルヴァリン」って何か知ってます?アメリカの靴のメーカーなんです。日本では知名度低いんですけど、実は100年以上の歴史のある老舗なんです。僕はこのメーカーのワークブーツ、通称「1000マイルブーツ」っていうのがお気に入りでよく履いてるんですよ。この「1000マイルブーツ」はウルヴァリン社の代表的な製品で、「1000マイル歩いても大丈夫」という、「100人乗っても大丈夫」的なシロモノです(「像が踏んでも大丈夫」ってのもあったな)。「アッパーとソールは鉄のように硬いが、履き心地はシルクのように柔らかい」と表現されるこのブーツは、長年アメリカの労働者に愛されてきたものなんだそうです。3年程前、シンプルで細身のシルエットのこのブーツの記事を雑誌で見て無性に欲しくなった私は、あちこち探し回ったんですけどなかなか無いんですよこれが。日本ではワークブーツといったら多くが「レッドウイング」なんですよね。しかし私はいまいちこのメジャーなブーツには興味が湧かなかったんです。で、一生懸命探してようやく「東急ハンズ」で見つけて定価で買ったんですよ、¥25000。しばらく履き慣らしてからはもう、私の足にミラクルフィット。しっかりした作りのこの靴は最近の靴には無い「趣」があって私の趣味にぴったりでした。

 しかし、その後大変残念なことになってしまいました。冬・春と履き続けて、夏になったので秋までしまっておいたのですが、手入れが悪かったので秋に引っ張り出してみるとすっかり痛んでしまったんです。こういう靴は、ちゃんと手入れをしないといけないということを知らなかったワークブーツビギナーの失敗でした。カビなどもびっしり発生してしまっていて、修復不可能だったので泣く泣く処分してもう1度ハンズに買いに行った(大出費!)んですけど、無いんですよ今度は。もう扱っていないとのこと。再び探し回ったんですけど、やはりなかなか無く、有っても色違い(茶はたまに有るんですけど、黒が無い)で、すっかりあきらめ気分で秋を過ごしました。

 でも幸運はどこに転がっているか分かりません。香港で働いていた友人が神戸に転勤してきたんですけど、彼の会社が「ウルヴァリン」製品を取り扱っていたんです!もうこれはラッキー、ということで友人にお願いして取り寄せてもらいました(しかも今度はだいぶ安く)。んで、今に至るわけです。この二代目は、しっかり手入れして長く履きつづけたいと思います。ちなみに私は他にも「ワラビー」でなくて「ウルヴァリン」のスウェードのデザートも持ってます。もーさいこーの履き心地ですよ、こいつも。

2000/1/7